2017年02月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
PA290041.jpg



とは、言ってもいやな思いもたくさんしました。




強盗にあったり、スリにあったり、人の顔をみて商品の金額が変わったり…


ホントにどこへいってもアジア人ということで馬鹿にされることも多かったし、
それが日本人だとわかると手のひらを返したように歓迎されるのもなんだが腹立たしい気分。




そんな「人種差別」が何よりも一番嫌な思いをしました。




どうやっても変える事のできない事実を笑われ、馬鹿にされるのはやはり辛い。
「気にしないように」と思っていても目の前いにきて指差され、笑われたり…


でも、きっと日本に来ている外国人もこんな思いをしているのだろうとつくづく感じてみたり…




そんな心の貧しい人にはならないように学ぶ事ができたからそれもよしとしましょうか。






PA260514.jpg




と、まぁ、つまるところ「旅はいい」です。


なかなか簡単にいけないかもしれませんが
行ってしまえば簡単な事だし、特別なことではないです。


帰ってきてもなかなか仕事が決まらず、金欠で辛くても、
面接にいって旅をしたといったら鼻で笑われる事があっても、
きっと大丈夫です!!



…多分…


  


車を買うならぜひ旅を!

家を買うならぜひ旅を!!

会社を辞めたらぜひ旅を!!!

なにかの節目にぜひ旅を!!!!




スペイン人は言っています。
「働くために生まれた訳じゃないだろう?」と。





一度思い切って旅に出ることをおすすめします。




価値観も変わるし、世界を狭く感じることができます。
ニュースを見ていても「遠い国のどこか」なんて思いもしません。



どうにかしなきゃ、と一歩がふみだせたたりします。

自分がいかに狭い場所で生きてきたかを感じることができます。

気づくことができなかった「おかしな事」にたくさん気づくことができます。

そう思えただけでも「人生みっけもん」的な思いができます。





PA290001.jpg




そして日本のよさを感じることができます。


風土、自然、食事…


この自然があって文化ができたんだなぁ。と誰に教えてもらわずとも
身をもって感じ、わかることができます。



生きていくうえでは必要ない知識かもしれませんが、
これを知っているのと、知らないのでは断然「厚み」が変わってきます。


そうなるといままでより少しでも楽しく生活ができるかもしれないし、
選択肢もたくさん増えていくかもしれません。




どうですか?行きたくなりました??



もし行くときは一声かけてください。
都合がつけばぜひとも私も同行したいです!!




「いつか」のために今後も少しづつでも英語とスペイン語は勉強していきます…



それでは!!
スポンサーサイト
未分類 | コメント(2) | トラックバック(2)
20090830_107.jpg




なんだか日記が中途半端な感じだったので一応きちんとしめておこうと思います…




帰国して早3ヶ月。
まったくもって早いものです。




当時完全に「修行」と思っていた旅もこうして時間がたつと
「また行きたいなぁ~」なんて思ったりします。




今、行きたいと思うのは南米とヨーロッパ。





P2050112.jpg





南米は単純に楽しかったし、もっと見たところがあったから。
やっぱり南米は広い!!

ペルーやイースター、上野山荘など一度行った所と、
ブラジルやガラパゴス、アマゾン、マチュピチュなどいけなかった所を行ってみたい。




ヨーロッパに行きたいのは余裕がなさ過ぎてあまり楽しめなかった気がするから。

だってなんでも高いんだもん…


いっつもお金のことばかり気にして本当にせかせかしていた気がする。
正直後半は「どこへ行ってもヨーロッパ」な町並みに飽きてもいたし、
外食もままならない物価とユーロの高さにげんなり…


しかし、久しぶりにテレビなどでヨーロッパの町並みを見てみると
「本当にきれいだなぁ~」と思います。

慣れって怖いです…






PA240466.jpg






スペイン、フランス、アムス、ベルリン、ローマ、ロンドン…
向こうで知り合った人たちともやっぱり再会したい。


お金がないのでフラットやお家を借りて毎日スーパーへ
通っていたのも楽しかったし、チーズもワインもパスタも安かった!!






いろんな景色や人たちにもあえ、
「少しだけ」だけど、他国の文化や風習などを感じることができました。




P8120143.jpg
とても気遣って楽しませてくれるやさしい韓国人のお兄ちゃんたちや、


全然通じない英語とフランス語、日本語で筆談しながらでも
半分位しか意思の疎通ができなくても「いつでもおいで」といってくれたフランス人夫婦、


チンプンカンプンの英語を一生懸命聞いてくれたイケメンスペイン人、


「お前だけここに残っていきなさい!」とちょいちょいセクハラをはさんでくるトルコのおじいちゃん、


電車を待っている間に「なんで英語ができないんだ!?」と筆談しながら
インドの文化と英語を教えてくれたインド人弁護士、



P2150749.jpg
水掛祭り中にたまたま前を通ったらザブン、ザブン水をかけられ
あがっていきなさいと散々飲まされご飯をごちそうしてくれたり、
洋服をかしてくれてたりでいろいろしてもらったペルー人一家、


一生懸命日本の文化と言葉を勉強し、一緒にいるときに私たちが首絞め強盗にあっても
「あんなに悪いことするのはペルー人じゃない!」とがっかり肩を落としていたペルー人女の子も


そして、ロンドン、パリ、ローマでお部屋を貸してくれた日本人の方々、






RIMG0909.jpg
普段はなかなか出会うことのできない年齢も職種も住むところも全然違う
各地で出会った日本人のみんな。



よく「どこがよかった?」と聞かれますが
やっぱりこうした人との出会いがダントツ一番楽しかったと思います。

話をした人とはどの国で出会った人ともみんなのことを覚えています。





その他 | コメント(0) | トラックバック(2)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。